不動産売却 家を売る

MENU

マンションを売った時には税金が発生することがあります。一般に、譲渡所得税と言われる税金になります。マンションを買った金額とくらべて、売却が高価格でおこなわれた時には、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。しかし、譲渡所得税は投資目的などではなく、住むために所有していた物件を売却した時の特別控除が用意されていますから、売るまでは生活していたマンションを売っ立というケースでは譲...

不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、戸建てやマンションでのちがいはなく、引っ越すには前後どちらがいいと、言い切ることは難しいです。手基に資金がない場合には、物件を売却してから新居捜しをすると、資金の総額が確定しているため、無理なく決断出来るはずです。逆に、家は売れたのに次の家が決まっていないと、一時的な仮住まいを急きょ捜し、さらに新居に引っ越すことになり、ニ度手間となるでしょう...

買手が見つかり家の売買契約を交わす際は、用意する書類もまあまあ多くなります。物件の登記済権利書は持ちろん、固定資産の納税額がわかる最新の固定資産税納税通知書などは土地を売る際も建物を売る際にも必要です。それから、不動産の種類や売主の住所地など各種の理由で、あれもこれ持と用意すべき書類は増えていきます。仲介業者からその都度必要な書類の説明があると思いますが、早いうちに整えておくと、手続きはスピーディ...

給与所得者には縁が薄いですが、確定申告というのは、過去一年の所得を報告し、納税額を申告するためのものです。源泉徴収により納税している給与所得者については、実際の納税額との差を調整(還付または納税)するためのものです。給料のほかに申告する所得のひとつとして、土地や家の売却利益なども同時に申告します。税率の優遇を受けられる5年超所有した物件でも、譲渡所得の2割は税金に消えてしまいますから、大きな出費と...

主として、競馬や競艇の払戻金や生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金といった、継続して得られる収入の他の臨時的に発生したお金は一時所得という分類になります。不動産の売却でも臨時的な収入が得られますが、これは譲渡所得という別の所得区分に入ります。所得税額の算出時も一時所得と分離して計算されます。特殊なパターンもよくあるため、必ず確定申告をおこないましょう。新しい住居の購入とこれまでの住居の売却を同時...

不動産売却における一般媒介契約というのは、専売ではなく、複数業者に仲介を依頼する契約になります。宣伝効果が高くなったり、契約の種類が一般媒介契約だと不動産会社がよそよりも迅速に契約に至ってどうにか仲介手数料を得たいと売り込んでくれたりして、すぐに購入希望者がみつけられることもあるようです。しかし、メリットばかりではなく、いくつもの業者と何回も交渉したり、連絡をしたりということが必須ですから、一社と...