不動産売却コラム

マンションを売った時には税金が発生することがあります

更新日:

"マンションを売った時には税金が発生することがあります。一般に、譲渡所得税と言われる税金になります。

マンションを買った金額とくらべて、売却が高価格でおこなわれた時には、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。

しかし、譲渡所得税は投資目的などではなく、住むために所有していた物件を売却した時の特別控除が用意されていますから、売るまでは生活していたマンションを売っ立というケースでは譲渡所得税を払う必要がないことがほとんどと言っていいでしょう。何事も無く、所有していたマンションを売った後は、納税の手続きが必要となるでしょう。

たとえば、所得税や住民税です。

マンションを売ることによって得た利益には必ず税金がかかってきてしまいます。
ですが、売れたマンションがこれまで住んでいたものだったら、特別控除として3000万円。その他、特別軽減税率といった素晴らしい特例を受けられるので、それほど負担はないはずです。

きっちりと税について、確定申告をする前に調べていれば、少し日数を要しますが、納税額が手基に戻ります。

土地や家屋の売却見積りをしてもらう時は、査定金額のみならず、諸経費等を引いた手取り額はどれだけあるのか、きちんと明らかにしておくことです。売却に要する必要経費といえば、仲介手数料や証明書類の制作費、印紙税があり、翌年には所得税と譲渡所得税と住民税の支払いがあります。

非課税となる場合もあれば大聞く課税される場合もありますし、もし心配であれば最寄りの税理士に質問するのも良いですし、業者から説明を受ける時に同行してもらうというやり方もあります。家を売る際は高く売りたいものですが、マンションの場合も同じです。

売りに出沿うとしているマンションを出来る限り多くの不動産業者に査定してもらって、市場価値をきちんと掌握しておくことが大事です。

充分な知識もないまま話を進めていくと、不動産業者や買い手に見透かされ、損をする可能性も高いのです。

それに、見積りに来た業者の対応等を細かくメモして比較すると、担当者の誠実さや会社の良し悪しが判断できます。

土地付き一戸建てを売却する際に、できるだけ高く売りたいのであれば、不動産売却の一括見積りサイトを利用するとよいでしょう。

何社かの査定を比較し、誠実で頼りになる仲介業者を選ぶことが肝心です。それから内覧者を迎える際は、将来の買い手になるかもしれないのですから広々として使いやすい部屋といったプラスのイメージを与えるために整理整頓は日常的におこない、季節はずれのものや不要品等は処分したり、目に入らないようにしておきたいです。
ツッコミどころがあれば値切られるでしょうし、逆にきちんとしていれば安売りせずに済み、高く売れるというりゆうです。

ようやくマンションの売却が済んだ後で発生するクレームの中で多いのは、瑕疵担保責任に関連した問題ではないでしょうか。

通常おこなわれる通りのチェック時にはわかることがなかったものの、のちに欠陥及び破損が見つかると、欠陥や破損についての責任が発生すると定められているのです。ところが、新たにそこに住むことになった人が原因にもか替らず、売った側に責任をもとめてくる場合もあるといいます。

利害関係のない第三者を立ち合わせ、撮影しておくと画像として残すことで余計なトラブルを避けることができるでしょう。

当然ですが、不動産鑑定と不動産査定は全く別のものです。
中でも、査定の精度や責任は不動産鑑定の方がずっと重くなっています。

一般的に、査定は過去の販売実績や土地相場からはじき出されたおおよその売却可能価格程度として見るのが正しいです。

鑑定評価は資格を有した不動産鑑定士のみが行なえるもので、対象の物件に対して、あらゆる鑑定評価基準に基づいて実証的な評価を下します。不動産鑑定評価書にけい載された内容は公的な場面においても十分な信頼性が置かれるものだと言えます。

不動産会社が査定額を算出するためにおこなう査定方法は主に二種類の方法で行っています。

具体的には、訪問査定と机上価格査定と呼ばれているものです。査定の精度が高いのは訪問査定です。

訪問査定では不動産会社が直接物件をチェックし査定額を決定します。一方で、机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。
物件情報、周辺にある物件の相場や、会社の持つ似たような物件の販売経験などを参考に査定がおこなわれます。その特長から、訪問査定で算出される査定額とは差が出やすいのですが、参考価格としては十分効力があります。住宅売却は高額ですし、条件設定の詰めが甘くて揉めるケースもないりゆうではありません。意図的なものではなく、立とえば確認不足とか、転記ミス、伝達漏れなどがきっかけであることが多いです。

条件確認は業者にだけ任せるのではなく、売主も注意し、写真やメモなどに記録していくと問題解決もスムーズです。
不明点は持ちろん、確証がない点なども早いうちに問い合わせたりして、不安は払拭しておきましょう。何もなければ良いのですが、時間が経過すると取り返しのつかないことになるかもしれません。集客効果の高いオープンハウスを実施すれば、マンションの売却は容易になります。

でも、オープンハウスの開催では注意すべきポイントとして、自宅を売りに出すということが周辺に筒抜けになるので、開催を敬遠する人もいます。
広告がエリア内の一戸建てにもマンションにも配布され、価格や間取りの入った看板なども置かれて注目度は著しいですから、売るにしても注目されるのは嫌という人はよく考えてから決定しましょう。"

-不動産売却コラム

Copyright© 不動産売却・査定の完全ガイド~家を最も高く売る方法を伝授します~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.