不動産売却コラム

不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか

更新日:

不動産物件売却の前がいいか、後にした方が後悔しないのか、戸建てやマンションでのちがいはなく、引っ越すには前後どちらがいいと、言い切ることは難しいです。

手基に資金がない場合には、物件を売却してから新居捜しをすると、資金の総額が確定しているため、無理なく決断出来るはずです。

逆に、家は売れたのに次の家が決まっていないと、一時的な仮住まいを急きょ捜し、さらに新居に引っ越すことになり、ニ度手間となるでしょう。

先に引っ越す場合には引越しの手間を削減することが出来ますが、売却前の段階で新居契約時の資金を用意できるかが問題でしょう。
悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに売却予定の不動産物件が幾らになるのかしりたいという人も後を絶ちません。

そのニーズをうけて、この頃は、個人情報を入力せずに不動産の一括査定をうけられるホームページの利用者が増えているようです。利用者が増えているワケは、しつこい営業や宣伝をうける可能性が低く、怪しい業者にご自身の詳しい個人情報が渡る危険性を防ぐことができます。

一方で、匿名では簡易査定しかうけられないため、おおよその査定額しか出してもらえないでしょう。普通、不動産の任意売却の話になるとメリットが強調される傾向がありますが、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。

任意売却の場合、競売などのような強制売却ではありませんから、手間と労力がかかってしまうのは否めません。金融機関を相手にした交渉、諸々の手つづきは当たり前のことで、不動産物件に興味を持った方が内覧を希望した場合には立ち会わなくてはならないなど、無視できない負担を背負うことになってしまうわけです。
さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、絶対に売れるとは限りません。

今後、不動産物件の売却を考えている方へ査定から売却完了までの段取りを見てみましょう。

はじめに査定をうける必要があります。

仲介会社等に依頼しましょう。

その後、売却可能価格の目安を出して貰えるので、納得できる額であれば契約しましょう。会社が広告を出すので、購入希望者が出るまで待ちましょう。
けれど、値引きをもとめられたり、長期間にわたって購入希望者が現れないということも珍しくありません。

無事に購入希望者が出れば、相手にお金を支払って貰い、売却完了という所以です。

このような流れを頭に入れておくと、計画が立てやすいと思いますね。
人生で最大の買い物とも言われていますねが、売却するのに都合のよい時期が戸建てにもあります。
1年の中で買い手が一番見つかりやすいのは、春先の転居のために人が動く1月、2月、3月と言われていますね。家族の都合や転勤などを命じられる人が出てくるため、年度替わりを理由に引っ越しをする家族連れが多くなるため、戸建てに住みたいというニーズが大きくなってきます。でも、売り手にとってはタイミングを見極めることが肝要で、1月から3月が来るのを待って売り出さなくても、売り手にとって都合がよいと判断出来る時に売却していいでしょう。

所有していたマンションを売ったら、税金がかかることがあるのです。

譲渡所得税という名前の税金です。マンションを買った金額と比べて、売却が高価格でおこなわれた時には、利益に対してかかるのが、譲渡所得税です。

ただし、譲渡所得税は自分が生活していた家を売却したときには特別控除などが発生するので、これまで住んでいたマンションを売った時には譲渡所得税がかからない事例がほとんどです。

不動産売買計算ソフトというのは、階数、面積、築年数など、物件の情報を入れると、ソフトに収録した地価データや公式発表されている不動産データなどを持とに物件の評価額を自動的に算出するアプリです。

フリーソフトと有料のちがいはあるようですが、一般に公開されているデータの集積値ですから、専門家が現場で査定する価格とは精度的に劣ることは否めませんが、物件の価値を客観的に見ることができるので、役に立ったという人もいますね。不動産業者の中には悪徳業者が存在していることも事実です。
騙されないよう、自衛に徹することが大事です。たとえば、他社の査定結果より極端に高すぎる査定額を出してくる業者は、悪徳業者である可能性が高いため、注意深くなった方がいいです。
相場をしり、悪徳業者を見分けられるようになることも多くの不動産会社から査定額を出して貰える一括査定が持つ強みだといえます。
または、その査定額になった理由を尋ねても、ハッキリとした回答をくれない業者も悪徳業者である可能性が高いです。簡単に不動産鑑定と不動産査定のちがいについて説明します。

細かなちがいもありますが、なにより、信頼性がちがいますね。

不動産鑑定は公的機関でも有効なものとなっていますね。相場や経験から見積もられた不動産会社の査定は、あくまで大体、幾らくらいになるという予想額としての意味合いが強くなります。

鑑定の場合は、資格を取得したプロの不動産鑑定士が行ないますね。査定とは異なり、あらゆるポイントから対象の不動産物件を調査し、経済価値を算出するものです。
ですから、不動産鑑定評価とは、公的な場面においても十分な信頼性が置かれるものだと言えます。
査定で必要不可欠な不動産査定書は、不動産に関する情報や、ガス、水道、電気などのインフラ状況、物件の排水設備、路線価や地価といった不動産物件に関するすべての情報が集まった書類です。査定を請け負った不動産会社などは、この資料から売却価格を算出します。普通、不動産会社に製作してもらうといいでしょう。

または、プロの鑑定士に不動産鑑定評価書を作って貰い、それを使うことも問題ありません。

-不動産売却コラム

Copyright© 不動産売却・査定の完全ガイド~家を最も高く売る方法を伝授します~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.