不動産売却コラム

主として、競馬や競艇の払戻金や生命保険の一時金・・・

更新日:

主として、競馬や競艇の払戻金や生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金といった、継続して得られる収入の他の臨時的に発生したお金は一時所得という分類になります。

不動産の売却でも臨時的な収入が得られますが、これは譲渡所得という別の所得区分に入ります。

所得税額の算出時も一時所得と分離して計算されます。

特殊なパターンもよくあるため、必ず確定申告をおこないましょう。

新しい住居の購入とこれまでの住居の売却を同時に行って住み替えをしたいというのもありふれた事例です。

その際は、売却ができた上で購入することが順当なリスク管理の方法でしょう。

エラーなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、自らお金が入ったことを確認するまでは安心するのは早いです。

お金が必要になった時に支払いができなくなる恐れもありますので、無事に売却できる前提で先に購入しようとするのは思い止まりましょう。

一番よくある不動産物件を売る時の失敗は不動産業者の選びエラーでしょう。

自分立ちの利益しか考えないようなひどい業者が少なくありません。周辺の物件の相場を考えない査定額をつけたり、全く宣伝をせずに物件を売れないままにしたり、予算を考えずに宣伝しまくって、その費用として高額請求するなど、さまざまなケースがあります。

良心的な仲介業者を見つける方法としては、複数の仲介業者に査定依頼をおこない、最新の注意を払って選びましょう。

意外かもしれませんが、マイナンバーの提示を求められることが不動産物件を売却する時にあるでしょう。

ただ、それは売主が一個人で、買手が不動産業者などの会社(法人)である場合だけなので、レアケースといえるかもしれません。

さらに、その場合でも例外があります。
100万円を超えない金額での売却ならば、提示はしなくても良いです。

そもそもなぜマイナンバーの提示が必要かというと、法人である買主が不動産物件を買った時に税務署に出す書類への記入が必要なので、売手がマイナンバーの提示をすることになるのです。ネットの一括査定サービスは、不動産売却では非常に重宝するのです。

と言うのは、ハナから一社の査定結果しか参考にできないと、相場を掌握することができずに低価格で物件を売却してしまいかねないからです。

ですから、一括査定サービスを活用して異なる業者の査定額も天秤にかけながら、納得できそうだと思えたサービス内容をもつ業者に依頼を持ちかけてみるのが最も要領のいいやり方です。

権利書というものは、不動産売却の際に提出しなければならないため、必ず求められます。

その土地の登記がされていることを権利書によって証明することが出来て、正確な名称は登記済証というものになります。もし、それを無くしてしまったり解読不能な状態になっても新しいものを発行することはできないのです。ただ、弁護士の先生、土地家屋調査士、さらには、司法書士の先生なんかを代理人とすれば、本人確認情報の提供で、対応も可能になります。

不動産物件を売る時は、名前の通り売りにくいものです。

いろんな費用も売却に際して発生してきます。

代表的なものといえば、仲介業者には仲介手数料を支払いますし、各種の不動産登記関連書類を作成してもらう司法書士への報酬、それに、譲渡税、住宅ローンが残っている物件の場合は繰上げ返済費用も必要です。

どこの仲介業者にするか決める際、なるべく小額の仲介手数料にできれば経費削減の一助となるでしょう。

「不動産を売却するときはリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)が必要」と決まっている理由ではありません。と言うより、リフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)に何百万円も費やし立としたって、お金がかかっているから高く売れる確証も何もありません。もしリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)をするとしたら、目に見えて内覧者がもつ印象に関わりそうな部分を集中的に選ぶのが費用対効果を上げるコツです。
加えて、明るくて広い部屋に見えるよう、汚れや余計なものを取り除いておくとそれほどリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)に頼らなくても済みます。

不動産売却に際してかかる税金の中で特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。

物件の売却から利益が生じた場合にこれらは支払いが必要なものです。

しかしながら、居住用の物件を売却した場合は、特別控除額が3000万円あります。それから、所有の期間がどれだけかによって課税のされ方が変わる税金でもあるため、よく確認してから売却に入ってちょーだい。
不動産物件をすぐに使えるお金にできることが、不動産売却での一番の利点です。さらに、売却物件にかけていた保険料、融資に対する保証料などは、まだ残りの期間があったら、その分だけ返却されます。
これは売買取引が終了した際に保険会社などが自主的に返金してくれるものではないため、手ずから手つづきを行ってちょーだい。

売却が決定し立ときには、絶対に契約をしている会社に連絡をした方がいいです。

-不動産売却コラム

Copyright© 不動産売却・査定の完全ガイド~家を最も高く売る方法を伝授します~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.